敏感肌でもOK!肌にやさしい洗顔石鹸

デリケートな顔を洗う洗顔石鹸は、体を洗うために市販されている一般的な石鹸と比べて肌に優しくつくられていますが、敏感肌の方はバリア機能の低下によって皮膚が非常に刺激に弱い状態になっているので、できるだけ肌に優しい低刺激な洗顔石鹸を使うことが大切です。

肌に優しい洗顔石鹸といっても、具体的にどのようなものかわからないという方も多いと思いますが、肌に優しい製品であるかを判断する一つの基準が無添加であるかという点です。
一般的な石鹸には、着色料や防腐剤、香料、パラベン、石油系界面活性剤、鉱物油などの化学的に合成された添加物が含まれています。
こうした添加物は石鹸の見栄えや香りを良くしたり、保存性を高めたり、洗浄力を強くしたりするなど商品価値を高めるために配合されていますが、肌が敏感な方にとっては強い刺激になってしまうので注意が必要です。

また、敏感肌は肌の乾燥によるバリア機能の低下が主な原因なので、肌に潤いを与えてくれる保湿成分がたっぷり配合されているものを選ぶのもポイントです。
洗顔石鹸にはいくつもの保湿成分が配合されていますが、やはり化学的に合成された成分が配合された製品よりも植物由来の天然保湿成分が多く配合されている製品のほうが肌に優しいので、肌が敏感な方はよく成分表を確認して天然保湿成分が豊富な製品を選ぶのがお勧めです。

なお、敏感肌の方でも安心して利用できる無添加の洗顔石鹸はオーガニック製品の専門店などで購入できますが、現在ではインターネット通販でも数多くの無添加の洗顔石鹸が販売されているので、お近くにお店がないときには通販サイトを探してみましょう。

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いとは

普段何気に使っている洗顔料ですが、石鹸とフォームの違いというものはどんな違いがあるのかということが、実際問題理解できていない人が多いのではないでしょうか。
洗顔石けんというのは固形状になっているので、石鹸と呼ばれています。
違いはそれだけでなく配合されている成分が違うと言うことですので、成分の違いを理解した上でどちらを選ぶかということが大切ですので、洗顔石鹸の方が良いのか洗顔フォームの方が良いのかというのは自分の肌質を、見極めておく必要があり、そうしないと間違った洗顔を選んでいることになりますので、なるべくそのような事は避けておきたいところです。

肌質を気にせず使用することができるのは、洗顔石鹸の方ですので自分の肌質が分からないのであれば、なるべくならこちらの方を選ぶようにしましょう。
洗顔石鹸はお肌に良い成分がたくさん含まれていますので、安心して誰でも使用することができますが、洗顔フォームは肌質を理解していないと、逆に肌荒れを起こしてしまう可能性もありますので、選ぶ際には注意して選ぶ必要があります。洗顔なのでどれも同じであるというわけでもなく、入っている成分なども違ってきますので、そういったものを確認しながら購入することにより、間違った洗顔をすることもありませんので、今使っているものが本当にあっているのかというのも、使ってみて違和感があるのであれば使用するのを控えておくのが良いでしょう。

洗顔石鹸を使うデメリットとは

洗顔石鹸は洗顔フォームなどに比べて泡切れが良くすっきりとした洗い心地が体感できるのがメリットですが逆にデメリットもあります。
それは泡を立てるのに時間がかかってしまう点です。
洗顔石鹸の場合は固形ですのでフォームとは違いすぐに泡立てる事ができません。ですので朝の忙しい時などは結構面倒になってしまいます。
また泡切れがいい一方で泡立ちが洗顔フォームに比べて良くないというデメリットもあるのです。
ただこれは洗顔石鹸の種類にもよりますので一概には言えません。
もう一つは洗顔フォームなどに比べて扱いが面倒というのがあります。
洗顔フォームの場合はチューブに入っていますのでそのまま旅行に持って行く事ができますが、石鹸の場合は石鹸箱などに入れて持って行かなければいけません。
また水のたまっているところに置きっぱなしにしていますと溶けてしまいますし、基本的にはむき出しですのでホコリなどがつく可能性もあるのです。
石けんによっては浴室の中に保管できないものもあり、使用後には持ち出さなければいけない場合もあります。これは非常に面倒です。
しかしこれらの使い勝手の悪さのデメリットさえクリアできれば基本的には洗顔石鹸はいいものですのでおすすめです。
洗顔フォームに比べて低刺激のものが多く販売されています。
最近では泡立てるためのネットなども販売されていますのでこれを使えば泡立ての悪さなども解消できるはずです。ただしネットは清潔にしておきましょう。